2010年02月24日

真・三国無双ONLINE解説・攻略

022010_101533_0000.bmp

武器鍛錬により鍛錬耐久度が減少していきます。鍛錬数などによって一回使用するごとの減少度は異なります。
減少度が限界を迎えると鍛錬を一つ失います。失う鍛錬はランダムで削られるために狙って無双鍛錬、攻撃鍛錬というわけにはいきません。
つまり、攻撃鍛錬4回していて琥珀が3個以下だった場合、鍛錬耐久度の限界を越して攻撃鍛錬が削れた場合、琥珀が不足して鍛錬しなおせません。では、何故に削って鍛錬を付け直すのか・・・。上のSSの攻撃力や破壊力などの下に4個の長方形の枠があります。これは特別強化というもので、鍛錬したときに一定確立で4回までつき、一回付く度に上昇値が1上がります。大したことの無いように思えますが、4回付き鍛錬が4だった場合、数値の上で16増えることになり攻撃や防御ならば、アイテムの白虎牙や玄武甲を装備した状態といえます。
鍛冶屋で鍛錬し、キュピーんという音がすると特別強化が発生したことになります。今一度上のSSを確認してもらうと、防御力の下の枠が一個青色に埋まっています。
まだR3武器の内は気にすることも無く、偏将軍になりR4武器から本格的に考えた方が良いと思います。使いたい武器を探し、貴石は温存しておくことが良いでしょう。ちなみに鍛錬しても耐久度は回復し、ランクが上がることに鍛錬耐久度の修理に使う貴石の個数が上がります。一回修理すれば完全回復します。

余談ですが・・・。出世してく上で、役職に都尉(校尉の次、義500)になれますが、都尉になると激突部屋が熟練と無双しか入れなくなるのにR3武器しか使えないため偏将軍(義1000)までは校尉でがまんし、新参なども踏まえ練習した方が良いと思います。

特別強化の発生強化を上げるには内政値の軍事力を上げれば気持ち上がりやすくはなります。内政値は酒場の主人や鍛冶屋など町の人から受けることができ、成功の良さで上がる数値がかわり、特務のランクにより特務の復活日数が違います。

比較的に石榴、青石、黄石などは入りやすいので数に余裕があり、武器がR3以下ならばそれで修理した方が良いでしょう。
posted by 月那 at 22:22| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。