2009年07月31日

M・シューマッハ復帰

マッサの負傷により窮地に立たされているフェラーリを救うべく次節よりシューマッハが復帰する。
私が再びF1を見るようになったのは新人だったシューマッハが皇帝と称され走っていた頃からだ。
子供ながらにアイルトン・セナの死に衝撃を受け、F1から遠ざかっていた。名だたるドライバーが引退し、その時代の一人のシューマッハが変わり行く時代の中で今を彩っていることが嬉しくてたまらなかった。
最高のパフォーマンスが魅せれた時の引退、まだまだ現役として十分の力があっただろう、最期の年グランプリを争う中であったマシントラブル…。レースが途中で終わった時、やりきれない気持ちなどより悲しさが強かったのを今でも覚えている。
シューマッハが帰ってくる。ぶっつけ本番となるだろうが、その勇姿を楽しみにしたい。
posted by 月那 at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。