2009年08月13日

大斧を手に…。参

氷装備の時は一対一で凍結させた場合、かなり有利になります。
例え無双乱舞で反撃されても丈夫にて耐えることができるため、無双ゲージの無い相手には脅威でしか無いです。

一対一での撃破率は氷が高いですが、味方との組み合わせなどでは風や斬は有効です。
ただし反撃される可能性が高くなるため、50320の場合は防御に不安がでます。
利点はジャンプされても属性ダメージを与えることができるということです。
斬を使用する時は味方が殴り系が多く、反撃で無双乱舞されないためのフォロー、または萎縮を使う者がいても有効です。

風は味方の移動速度が遅い、甲刀がいたり、単純に一撃が重いなど便利ですが吹っ飛ばすので味方が無双している時は気をつけないといけません。

無双乱舞使用では符水などを装備し戦うわけですが、究極の頻度が下がりランダムの頻度があがります。

究極の仕込みなど、時間がかかる時は味方に迷惑がかからないようにし、多種多彩に活躍できれば最高ですね。

自分は大斧のスペシャリストではありませんが、それでも安定して勝てましたので是非おためし下さい。
posted by 月那 at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。