2009年11月10日

殴り屋

武器の半分は無双鍛錬は無く、最大でも2個である。
攻撃力補正前の改造武器は軒並み厳しいことになっているのだが、まだ一回改造で済んでいた双戟、幻杖は枠改造で40422としてみた。

まずは幻杖、かなり死にづらい一対一で殴り逢うことも普通にできるが、複数相手だと恐ろしく体力が減って行きます。

双戟に関しては、かなり殴ることができます。敵にもよりますが、極符水、極鎮、鎮火符を使うとかなり粘れます。残り1枠改造して40431でも良いぐらいですね。

戦場の天候の変化や、究極の仕込み、無双チャージにより戦線離脱するのでは無く、戦線維持を心掛けているわけですが、無双は緊急回避、離脱、味方救出、ラグなどに対しての確実な止どめとして基本使ってます。そのため、通常ガン逃げなどの相手を追い詰めたり味方の援護に風や氷を使っていますが、これにより味方が離脱し数的不利に追い込まれるとブッパで殺られるわけです。

状況の変化に対応しつつ、常に前線を維持が殴り屋クオリティです。
posted by 月那 at 09:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も最近は鎮火符を愛用しております^^
結構、真無双ブッパに対して有効ですよね。
以前は投弧刃や積刃剣・突対策で
避雷符を使ったこともあったのですが
こちらの方が効果は高いようです^^
Posted by 符水屋の女将 at 2009年11月10日 12:59
符水屋の女将殿へ

両節棍や戦戈の着火ブッパも考えると、鎮火符がバランスが良いかも知れませんね。朱雀鎮火符を見直す時が来たかも知れません。
Posted by 月那 at 2009年11月10日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。