2009年11月13日

甲刀を手に…。弐

まず、その脆さから殴り合うには危険な武器です。

お薦め刻印としては…。
対決 1盾、6衛
制圧 1陣、盾、6衛、覇
アイテムとしては炎玉、雷玉、氷玉、極鎮、活丹などです。

攻撃パターンとしての基本としては…。
連撃からC5でめくり浮せてJC(フィニッシュ)を外し落下に連撃C3が基本です。
炎玉ならばこれだけで破壊力抜群です。
しかし、雨または極鎮装備に対して極端に威力が低下するために氷を自分は使います。

凍結→盾という新たな一手が増えることで戦いやすく極鎮相手にも有効、更に高威力です。ただ、C5に関してガードされやすく通常攻撃の位置次第で、めくり判定にならなかったりと6に衛があると更に一手広がります。陣でも良いですが、ガード後の硬直を考えると衛が良いと思います。

無双乱舞は確実な止めか、回避で逃げる特に風を食らった時などが安定して戦えます。

当然ながら、C5凍結→C3→凍結→盾や、C3→気絶→JCでも良い訳で、特に盾撃破は感無量です。
posted by 月那 at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。