2010年01月12日

PTとは、なんぞや!?弐

制圧、対決に置いて個人的によく思うのが、マップをもっと見てくれ…。と思います。
マップを見ろというのは地形確認では無く、相手の動きを確認を怠るな…。ということで、蜀では日常茶飯事です。

例えば、敵が兵糧庫に向かっているとか、味方に近付いているとか、どこで狩りをしているとか、制圧ならば拠点に入ったとかです。

単純に要塞南で交戦が始まり、近くの敵が近付いているかの確認も個人がすれば、本来連絡確認をするまでも無く強い連携が生まれます。

常に有利な場所で戦う事は難しいことですが、逆は何とかなります。そのためにも、兵糧落しのタイミングが重要で、その近くの拠点も大事となります。
PTならば攻撃2倍がセットできた時点で一人が兵糧内、もう一人が敵が入らないように入口で待つとか、落しにくい拠点ならば取りあえず香炉を破壊しておくとか、早熟武器の役目となります。
posted by 月那 at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。